最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~

  • 29 読みたい
  • 22 現在読んでいるもの

発行元 鈴木規夫 .

    Download INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~ 本 Epub や Pdf 無料, INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~, オンラインで書籍をダウンロードする INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~ 無料で, 本の無料読書 INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ケン・ウィルバー, テリー・パッテン, アダム・レナード, マーコ・モレリ
    • 訳者:  鈴木規夫
    • シリーズ名:  INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~
    • 発売日:  2020年08月28日
    • 出版社:  日本能率協会マネジメントセンター
    • 商品番号:  4910000107160
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「ティール組織」の理論モデル 「インテグラル理論」を実践する!


    【体(ボディ)×心(マインド)×精神性(スピリット)×影(シャドー)】

    豊かで健全な人生、全人格的発達をもたらす統合的アプローチ

    =======

    VUCAと呼ばれる先の見えない時代において、私たちはいかに自分たちの能力を伸ばしていけばいいのか?

    ーーこの問いについて考えるとき、

    「ティール組織」「インテグラル理論」「成人発達理論」

    これらで示された人、そして組織のより高次な発達段階は、ひとつの大きなヒントとなり得るものです。

    発達理論を知った方の中には、「一人ひとりが成長・発達していくことで、より良い社会をつくっていくことができるかもしれない」。このように感じた方も少なくはないのではないでしょうか。


    一方では、「こうした理論を実践していくためには、どうしたらいいのか?」といった疑問を感じている方も少なくはないでしょう。

    「ティール」や「ターコイズ」と呼ばれる高次の段階へと発達を遂げていくためには、一体、何が必要なのでしょうか。

    その大きなヒントとなるのが、本書が示すインテグラル・ライフ・プラクティス(ILP)です。

    インテグラル・ライフ・プラクティス(ILP)とは、インテグラル理論の実践アプローチを体系化したものです。

    高次の段階への健全な発達・成長を遂げるためには、「実践」が欠かせません。しかし、ただやみくもに実践に取り組んでも、発達・成長という目的が遠ざかることすらあるのが現実です。

    そこで、インテグラル・ライフ・プラクティスでは実践のための地図(メタ・モデル)を示します。


    ・「ボディ」「マインド」「スピリット」「シャドー」という4つの「コア・モジュール」

    ・仕事や子育てなど関係性の中で取り組む「付属モジュール」


    「意識研究のアインシュタイン」とも評されるケン・ウィルバーや実践経験が豊富な著者らによってまとめられたこれらの手法は、すぐに取り入れられるものでありながらも、真の自己変容・自己成長を成し遂げるうえで「必要不可欠なもの」と言えます。

    インテグラル・ライフ・プラクティスをとおして、VUCA時代を切り拓く能力開発、そして、全人格的な成長・癒しを実現するメタ・アプローチを始めていきましょう。


    〔刊行にあたって〕

    *本書は、2010年に春秋社から発行された『[実践]インテグラル・ライフ~自己成長の設計図』(絶版)を復刊したものです(原著:INTEGRAL LIFE PRACTICE, 2006)。

    *復刊にあたり、全面的に訳を改め、邦題を変更するとともに、訳者による解説の追加および注の追加を行いました。


    【本書の構成】

    第1章 なぜ実践をするのか?

    第2章 インテグラル・ライフ・プラクティスとは?

    第3章 統合的な意識を体感する

    第4章 シャドー・モジュール

    第5章 マインド・モジュール

    第6章 ボディ・モジュール

    第7章 スピリット・モジュール

    第8章 統合的倫理

    第9章 生きるとは実践そのもの

    ~人間関係、仕事、育児、創造性、他の付属モジュール~

    第10章 実践生活を舵取りする

    終章 ユニークな自己

あなたも好きかもしれません

INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~ by 鈴木規夫 ダウンロード PDF EPUB F2