最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

ファーウェイと米中5G戦争 (講談社+α新書)

  • 20 読みたい
  • 53 現在読んでいるもの

発行元 橘玲 .

    Download ファーウェイと米中5G戦争 (講談社+α新書) 本 Epub や Pdf 無料, ファーウェイと米中5G戦争 (講談社+α新書), オンラインで書籍をダウンロードする ファーウェイと米中5G戦争 (講談社+α新書) 無料で, 本の無料読書 ファーウェイと米中5G戦争 (講談社+α新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ファーウェイと米中5G戦争 (講談社+α新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  近藤大介
    • レーベル:  講談社+α新書
    • シリーズ名:  ファーウェイと米中5G戦争
    • 発売日:  2019年07月19日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000060785
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    なぜトランプ政権は、中国・ファーウェイを執拗に叩くのか?そこには5G時代のハイテク技術覇権を米中どちらが握るかという戦いがある。目前に迫った5G時代。いままでの4Gよりも圧倒的な超高速、大容量、低遅延、多接続を実現する5Gの出現は、社会の姿を大きく変える。その5Gで現在トップを走っている企業が、中国・ファーウェイ。このままでは現在優位に立っている技術覇権の座を中国に奪われることに強い危機感を覚えたトランプ政権内の「軍事強硬派」が仕掛けたのが、ファーウェイ叩きの真相だ。日本も無関係ではいられない今後の世界経済の趨勢を握る米中ハイテク戦争の行方とは。ファーウェイ本社への直撃取材、米中の間で揺れる欧州の動向、世界半導体製造の命運を握る台湾の動向を含め、問題の核心を徹底検証する。

あなたも好きかもしれません

ファーウェイと米中5G戦争 (講談社+α新書) by 橘玲 ダウンロード PDF EPUB F2

この本では、IT技術の5GやAIを含めた米中戦争の解説をしていますね。
アメリカと中国や5Gと呼ばれる次世代のスタンダードになるIT技術の覇権に、世界規模で、戦争を始めているとしています。
特に、中国は、習近平が、トップを無制限にやり、台湾を統一する事を視野に入れていることから、アメリカは、完全に、中国を信じなくなり、5Gを含めたIT技術を絶対に、中国に世界一にさせないように、戦争を始めたと言っていますね。
そのターゲットが、中国のファーウエイとZTEであり、ZTEは、あえなく、アメリカの市場が退場させられ、ファーウエイも、欧州やアフリカ、アメリカに手を伸ばしていましたが、アメリカの怒りによって、日本を含めた親米国で、使えなくなる動きが始まっているとしています。
本書では、ファーウエイの社員や社長自身は、中国共産党とは違って、真面目で、しっかりと働く、素晴らしい人と書いていますが、果たして、そうでしょうか?
中国共産党の後押しがなくて、中国で、5Gをトップにした技術を使って、中国だけでなく、世界にモノを売ることができるのは、中国共産党の後押しがなければ、できないことです。
その中国共産党も、トップの習近平とナンバー2の李克強では、全く、考え方が違うし、独裁を決めた習近平に対して、独裁ではなく、中国自体を民主主義と資本主義を両立させて、まともな国になり、世界に安心を与える国にするという考え方をする中国人とで、対立しています。
しかし、習近平は、独裁主義を持って、2020年の7月現在、香港の民主化を完全に否定し、一国二制度を廃止しました。そして、次に狙うのは、台湾であり、沖縄というのが、まともな識者の読みですね。
このような一連の習近平の独裁主義は、中国内、中国外ともに、反発があり、それに対して、習近平は、武力を持って、つぶそうとしています。香港で、300人以上の民主化の人間が逮捕されたことが、良い証拠でしょね。
本書では、5Gの問題から、米中戦争を語っていますが、2020年の7月の現在では、もはや、中国の独裁主義と覇権主義に対して、アメリカは、基軸通貨ドルを使わせない経済制裁によって、中国潰しを始めるというのが、まともな人間の読みですね。ロシアや北朝鮮に対して、経済制裁が効いているように、中国も、アメリカに経済制裁をされて、ソ連のように、潰されることが近いでしょうね。