最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

オペラ入門 (講談社現代新書)

  • 23 読みたい
  • 85 現在読んでいるもの

発行元 ドナルド・キーン .

    Download オペラ入門 (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, オペラ入門 (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする オペラ入門 (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 オペラ入門 (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 オペラ入門 (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  許光俊
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  オペラ入門
    • 発売日:  2019年10月16日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000063303
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    オペラの入門書はもうたくさん世の中にありますし、かくいう私も書いたことがあります。どんな本にしようかとずいぶん迷いました。「トラヴィアータ」や「蝶々夫人」がどれほどの名作か、今更繰り返すまでもないのではないか。作品の個々の情報は、インターネットで簡単に見つかるのではないか。そんな時代に本を出す意味とは何だろう。そんなことを考え、オペラの世界の広さを示す方向性で行こうと決めました。ですので、一応は歴史の流れに沿って章立てをしましたけれど、いわゆる名作、人気作にこだわったわけではありません。そもそも、たとえある作品がどれほど名作と言われていようと、あなたの心を動かさなければ、価値はありません。音楽史の学者にでもなるのでなければ、好きなものを好きなように愛すればよいと思います。それこそが愛好家の特権なのです。ですので、本書を読まれた方は、ぜひ本場でオペラをご覧ください。私が言いたいことはひたすらそれに尽きます。それをしないでオペラを語っても、生身の女性を知らないで女性論を語る未経験な青年のたわごとと変わるところがありません。ただちに、が一番いいことは間違いありませんが、そうでなくても、いつか行くつもりになってください。劇場には発見があります。また、どんなに見慣れた作品にも何か発見があります。それは本当に思いがけなく起こります。この世に存在するたくさんの閉じられたドアがひとつ解きあけ放たれたような気分。そうした経験をするために劇場に出かけることは、人生の大きな楽しみのひとつです。まして、それが外国の劇場でしたら、どれほど嬉しいことでしょう。(「おわりに」より)

あなたも好きかもしれません

オペラ入門 (講談社現代新書) by ドナルド・キーン ダウンロード PDF EPUB F2