最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

岳飛伝 七 懸軍の章 (集英社文庫)

  • 9 読みたい
  • 55 現在読んでいるもの

発行元 北方謙三 .

    Download 岳飛伝 七 懸軍の章 (集英社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 岳飛伝 七 懸軍の章 (集英社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 岳飛伝 七 懸軍の章 (集英社文庫) 無料で, 本の無料読書 岳飛伝 七 懸軍の章 (集英社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 岳飛伝 七 懸軍の章 (集英社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  北方謙三
    • レーベル:  集英社文庫
    • シリーズ名:  岳飛伝
    • 発売日:  2017年07月07日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4824187990007
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    南宋の根本を揺るがす「印璽・短剣」と引き換えに、秘密裏に南宋を脱出した岳飛。直後、許礼ら南宋軍に追われるも、梁山泊の致死軍に守られ南下、大理の近くで居を構えることに。そんな中、弱体化したかに思われた青蓮寺の不穏な気配が其処彼処で感じられるようになる。一方、秦容のいる南の開墾地は銭が流通し、町としての機能が整い始めていたー。独り聳立する岳飛。ついに岳家軍、再起の第七巻。

あなたも好きかもしれません

岳飛伝 七 懸軍の章 (集英社文庫) by 北方謙三 ダウンロード PDF EPUB F2