最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

生かさず、殺さず

  • 93 読みたい
  • 26 現在読んでいるもの

発行元 久坂部 羊 .

    Download 生かさず、殺さず 本 Epub や Pdf 無料, 生かさず、殺さず, オンラインで書籍をダウンロードする 生かさず、殺さず 無料で, 本の無料読書 生かさず、殺さずオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 生かさず、殺さず 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  久坂部羊
    • シリーズ名:  生かさず、殺さず
    • 発売日:  2020年06月05日
    • 出版社:  朝日新聞出版
    • 商品番号:  4910000086998
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    息もつかせぬストーリー展開で、認知症専門病棟の医師と看護師、家族の壮絶で笑うに笑えない本音を、現役の医師が描いた医療サスペンスの傑作。認知症の患者も、がんや糖尿病などさまざまな病気を患う。彼らをどのように治療すべきか。一般の患者なら、検査や治療に協力も得られるが、認知症の患者はスムーズにはいかない。認知症患者専門病棟「にんにん病棟」では、主人公の医長の三杉や看護師たちが、日々認知症相手ならではの奮闘を続けている。とりわけ看護師たちの苦労は並大抵ではない。 一方、医者から作家に転じた坂崎は、鳴かず飛ばずのスランプを脱するべく、三杉をモデルにした小説を企てて、取材協力を求めてきた。坂崎は三杉が密かに悔やむ過去を知っており、それをネタに三杉を追い詰め、窮地に陥れて、小説にしようとするが……。治療が認知症患者に必要以上の苦痛をもたらすとき、いったい医師は、どのような治療を選択すればよいのか。そこにある葛藤と逡巡。在宅医療を知る医師でもある著者の既刊『老乱』『老父よ、帰れ』につぐ「認知症小説」の決定版。

あなたも好きかもしれません

生かさず、殺さず by 久坂部 羊 ダウンロード PDF EPUB F2